楽に稼げる仕事はない

よくネット副業の紹介でこの教材を購入すれば1日15分の作業で月30万円稼ぐ事が可能!!なんて煽り文句を
見つけるのですが、そんな文章を本気にしてはいけません。
その教材は5万円ぐらいします。5万円は高いけど1ヶ月で30万円稼ぐ事が出来るのだから
すぐに取り戻す事が出来ると考え教材を購入してしまうのです。しかしその教材には簡単に稼げるコツが
書かれているわけではなく、実践方法が書かれているわけでもなく精神論が書いてあったりします。
当然そんな教材を使ったところで15分の作業で30万円なんて稼げるわけがありませんし、
その教材を購入した5万円は丸損をする事になってしまいます。
そもそもいくらネットで副業だからと楽して稼げる仕事は存在しないのです。
動画に投稿して再生回数が増えた事で収入が大幅アップ・・・とか
アクセス数は伸びてアフィリエイトで高収入とか
アプリを作ったらヒットして・・・・・・などで一度儲かる仕組みを作ってしまえば、後は何もしなくても
収入を得る事が出来ている人がいる事は事実ですが、最初に儲かる仕組みを作った事、
そしてそのアイデアを考える事が誰でも出来るわけではないという事です。
そして誰でも出来る仕事は単価が安くなるのでコツコツ努力しないと稼ぐ事は出来ません。
最初からそう割り切ってコツコツと努力をするか、アイデアで一発逆転を狙うかはあなたの自由ですが、
一発逆転に成功しているのはネット副業でもほんの一握りの人だけです。

誰でもWEBライターになれるのか?

事情があって在宅で働きたいと思っている人も少なくないはずです。
在宅でも昔と比べるとパソコンとネット環境によって仕事内容の種類や単価も大きく変化してきています。
ただどの仕事が自分にも出来て、どの仕事が出来ないのか?その判断が始めのうちは難しいと思います。
例えばWEBライターの募集がしてあっても応募する事に躊躇してしまう人が多いのではないでしょうか?
躊躇する理由はライター経験がないからです。
出版社で雑誌の編集やライターの仕事をしていた人や、広告代理店でコピーライターの経験があれば
話は別ですが、会社勤めでライターの経験がある人はそう多くはありませんし、
またライターには特別は資格が必要ない上、ライターになるためのテキストがあるわけではないため
難しそうと思ってしまうのです。
確かにWEBライターで未経験者不可という募集要項だったり、
医療関係や経済関係のライターなど専門知識が必要なライターを募集している場合は初心者には難しいかもしれませんが、
中には初心者でもOK、ブログに日々の日記を書いている、一般的な読み書きが出来、タイピングが出来るレベルで
あればOKな募集も少なくありません。
もちろん初心者であれば単価は安いところからのスタートになりますが、経験を積めばスピードが上がり、
単価もアップするところもありますから、文章を書くのが苦ではないという人であれば、
まず応募してみてはどうでしょうか?

情報に価値がある

私たちは毎日たくさんの情報の中から自分に必要な情報をチェックしています。
会社員なら経済の動きを知っておくために日経新聞を毎日読んでいるかもしれませんし、
ファッションやメイクが好きなOLなら毎月女性誌を購入しているかもしれません。
資格の勉強をしている学生なら参考書を使用しているかもしれませんし、芸能人のゴシップ好きの主婦なら
週刊誌を毎日購入しているかもしれません。またTVでもニュースや情報バラエティ番組など
たくさんの情報に溢れています。
記者やニュースキャスターではない限り私たちは情報を発信する立場ではなく
受信する立場なわけですが、実は誰でも情報を発信する立場になれるのです。そして発信する事で
お金を稼ぐ事も可能です。情報社会の現代では情報には価値があります。
ネットにはたくさんの情報が溢れています。ネットの情報は雑誌や書籍、TVの情報と比較しても
よりリアルタイムに近い情報を発信しているのでニュースはネットで配信されるものをチェックしているという
人も少なくないでしょう。ネットの情報を記者や情報サイトのスタッフだけで全て発信するには莫大な量すぎて
困難です。そのためネットでは必要な人に情報を売る事が出来るのです。
例えばモニターなんてそうですよね。新商品を販売する前に消費者の声を知りたいと一般消費者に商品を使ってもらい
モニタリングをします。その時に使用時の感想などを求められその感想がネット上にアップされたり、
また体験談として実際にその資格を取得した時の勉強法などをHow toとして提供する事も可能です。
もしあなたに得意分野があり、この情報には詳しい、情報収集が人より早いのであればその情報は売る事が出来るかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ